[DTMニュース]APOGEEより最高のサウンドをデスクトップサイズで実現するオーディオインターフェイス「Symphony Desktop」がリリース!

USB接続オーディオインターフェイス

APOGEEより最高のサウンドをデスクトップサイズで実現するオーディオインターフェイス「Symphony Desktop」がリリースされました。

以下、製品詳細です。

■APOGEE「Symphony Desktop」 ¥¥150,000(税抜)

[DTMニュース]APOGEEより「Symphony Desktop」がリリース!

最高のサウンドをデスクトップサイズで実現するオーディオインターフェイス。
■オーディオインターフェイス
■USB
フラッグシップ・サウンドクオリティ、ビンテージ・マイクプリ・エミュレーション、Apogee ハードウェアDSPプレミアム・プラグイン、タッチスクリーン・インターフェイス、全てをデ スクトップサイズに。

ハードウェアDSP /ネイティブ対応チャンネルストリップ・プラグイン、マイクプリアンプエ ミュレーション付属

Symphonyの最高品質のサウンドをデスクトップで
Symphony Desktop for Mac and Windowsは、ラックマウントタイプのApogee Symphony I/O Mk IIと同一の、伝説的サウンドクオリティを備えたオーディオインターフェイスです。インス ピレーションをサポートする10in/14outの豊富な入出力にも関わらず、手軽にデスクに設置し 、バッグに収めることも可能なサイズを実現しました。業界で長きに渡り信頼されるAD/DAコンバーターとマイクプリアンプを搭載するSymphony Desktopは、レコーディング、オーバーダビング、ミキシングを問わず、ミュージシャン、プ ロデューサーと、音楽制作シーンを強力に支えます。

Alloy Mic Preampによるマイクプリアンプ・エミュレーション、Symphony ECS Channel Strip プラグイン、ハードウェアDSPとネイティブでの動作に対応するApogee FXプラグイン、超低 レイテンシー・レコーディングなどの新機能。これらの優れたパフォーマンスの組み合わせに より、Symphony Desktopがスタジオや外出先、あらゆる場所で創造性を広げ、Apogeeサウン ドクオリティによるアドバンテージを与えてくれるでしょう。

■APOGEE「Symphony Desktop」 <主な機能>

・最も手軽に導入できる初のSymphonyインターフェイス
・先進のコンポーネントと回路設計により、精密かつ高品位なフラッグシップ・サウンドクオリ ティを実現
・2つのAdvanced Stepped Gainマイク・プリアンプを搭載。最大75dBゲイン、可変インピーダ ンス
・FETインストゥルメント入力に真空管ギター・アンプのキャラクターを適用可能
・Apogee独自のAlloy Mic Preampが、アナログ・プロセッシング+DSPモデリングによるBritish Solid State & 50s American Tube二つのキャラクターを再現
・内蔵ハードウェアDSPでプロセッシング可能なApogee FX Rackが付属
・名匠ボブ・クリアマウンテンがチューニングを施したハードウェアDSP/ネイティブ両対応の 新しいSymphony ECS Channel Strip (EQ/Compression/Saturation)が付属
・Symphony Reverbネイティブ・プラグインが付属
・柔軟なゼロレイテンシー・プラグイン・ワークフローを実現:Print, Monitor, DualPath Linkワ ークフローから選択
・タッチスクリーン・ディスプレイにより、ほとんどのハードウェア・コントロールを直接操作 可能
・2つのアサイメント可能なヘッドフォン出力: 1 x 1/4″, 1 x 1/8″
・10 IN x 14 OUTの同時オーディオ入出力が可能
・USB MIDI対応
デジタル入出力: 2 x Optical Toslink (ADAT, S/PDIF)
対応動作環境: macOS, Windows, iPad Pro (USB-C)

■APOGEE「Symphony Desktop」 <動作環境>

macOS: 10.13以降
iOS/iPad pro: iOS 13
PC: Windows 10 Anniversary update以降

■収録Apogee FX Plugins
Symphony ECS Channel Strip – NativeおよびハードウェアDSPバージョン
Symphony Reverb

■収録マイクプリアンプ・エミュレーション
British Solid State
50s American Tube

好奇心と探究心が選び抜いた、最先端のアナログ/デジタル・コンポーネント
従来のSymphonyシリーズ製品にならい、Symphony Desktopには、専門家の確かな耳が最新の注意を払い選び抜いた最先端のアナログ兼デジタルコンポーネントが使われています。最高品質のオーディオインターフェイスを設計する、というApogeeコアミッションを最大限に追求した製品です。コスト削減のため従来設計に依存する製品もある中で、Apogeeは革新的なコンポーネントと回路の最適化を目指し、一貫した製品パフォーマンスの向上を図っています。

A/Dコンバージョン – すべてのニュアンスを忠実にキャプチャ
Symphony I/O MkIIと同様に、Symphony Desktopのアナログ-デジタル・コンバーターステージはには、超低歪み、高スルーレート、完全差動のアナログオペアンプに加え、パフォーマンス向上させるデュアルサム構成の最先端A/Dコンバーターが搭載されています。これらすべてが、アナログ入力の持つあらゆるニュアンスを、デジタル領域で忠実に再現するために投入されています。

D/Aコンバージョン – ミックスに高解像の”ワイドスクリーン”
Symphony Desktopのデジタル-アナログ・ステージは、ポータブル製品でも妥協のないSymphony DACパフォーマンスを実現するため、安定した超低歪みと高電流出力ドライバーをはじめとする、最新のテクノロジーを採用しています。接続先のデバイスに関わらず、Symphony Desktopはミックスのサウンドスケープに、限りなく透明なワイドスクリーン・ウィンドウを提供します。

マイクプリアンプ – その優れたパフォーマンス
Symphony Desktopのマイク入力ステージにおける中核をなすのが、最大75dBのゲインを実現するマイクプリアンプです。ここではApogee独自設計によるAdvanced Stepped Gain Architectureが採用されており、胸に響くようなキックドラムからアコースティックギターの繊細なフィンガーピッキングまで、あらゆるソースで超低ノイズ・低歪みを実現します。Symphony Desktopは可変インピーダンスに対応しており、マイク、インストゥルメントいずれに対しても入力ステージを特定のデバイスに合わせて自動で最適化、沈みこむような低域から鮮やかな高域までを実現します。またマイクプリアンプ・エミュレーションも選択することができ、レコーディングにキャラクターやアティテュード、ざらつきを加えることも可能です。

ヘッドフォン出力
Symphony Desktopには、二つの独立した超低インピーダンス仕様のヘッドフォン出力が搭載されています。デュアル・サムESS DACを搭載し、完全に個別のルーティングが可能です。かく出力のレンジは、それぞれ想定されるヘッドフォンにより調整されています。フロント・パネルの出力はおよそあらゆるヘッドフォンをドライブすることができ、対してリア・パネルの出力は、特に高効率タイプのヘッドフォン向けに調整されています。

■APOGEE「Symphony Desktop」 購入はコチラ

USB接続オーディオインターフェイス
その他の製品も気になる方はこちらもチェック!

Three Oak DTM School(DTMスクール)では、受講生を随時募集中です!
パソコンで音楽作成を始めてみたい!と言う初心者の方から、さらに知識を深めたい方まで、
元専門学校講師がかゆいところに手が届くレッスンを行います!
今なら、入会金無料とレッスン料金割引キャンペーン中ですので、是非この機会に当DTMスクールでの受講を検討してみてください!
レッスン内容などはスクールのサイトで確認できます。

https://three-oak.com/dtm-school/
Three Oak DTM Schoolに興味がある方、質問がある方からのメッセージをお待ちしております!

Electronic Music Production Courses from Pluginboutique.com
Music Samples for DJ's from Loopmasters.com
サウンドハウス