「MIX師」おすすめ機材

「MIX師」おすすめ機材

「MIX師」をこれから始めたい方向けの、比較的お求めやすい機材の紹介です。
いくつか掲載していますので、予算に応じて選択してみてください。

「MIX師」になるために必要な機材とは

「MIX師」になるためには、ボーカルの編集ができるソフト、パソコンから高音質で音を出すための機材、ヘッドフォンなどが最低限必要です。
それに加え、ヘッドフォンだけで音を確認するよりスピーカーを併用した方がより細かい調整が可能になります。
そのスピーカーを接続するためのケーブルも必要になりますよね。
また、メロディーを確認する際にMIDIキーボードもあった方が便利でしょう。
これらを踏まえて「MIX師」に必要な機材をご紹介していきます。

■DAW
MIXをするために必要なソフトです。

※インストールする際のパソコンのスペックはこちらでご確認ください。 https://japan.steinberg.net/jp/support/system/cubase.html
Cubase Elements以上のバージョンでは「eLicenser」が必要になります。

■オーディオインターフェイス
パソコンに直接挿すヘッドフォンで聞くより、音をキレイに再生させてくれます。
また、音を処理する際にも必要な機材です

※いずれもCubase AIが付属しています。
Cubase AIからその他のバージョンにアップグレードすると
少しお安く購入することが出来ます!

■ヘッドフォン

■スピーカー
ヘッドフォンでの作業も大切ですが、やはり音を実際に鳴らして確認することは必要な作業です。
比較的購入しやすい価格帯のものを選択してみました。

■MIDIキーボード
ミックスをする前にメインのメロディーを採譜(耳コピ)する際に便利です。
機能で選択する方法もありますが、以下シンプルなものを選択してみました。
サイズで選ぶとよいと思います。

■オーディオケーブル
いわゆるパソコンに直に挿すピンジャックはオーディオインターフェイスには使用出来ません。
Phoneと呼ばれるものとRCAと呼ばれるものが多く使用されます。
以下コスパ重視で選択してみました。ご自身の環境に合わせて長さを選んでみてください。

■その他
・USB接続ができない場合、変換アダプタ(macの場合)
・USBハブ(オーディオインターフェイスは基本的にはパソコンに直挿しが推奨されるので、その他のアクセサリはハブで管理がおすすめ。)
・マウスはあった方がやりやすいです。

「MIX師」になるための機材は揃ったけど・・・

「MIX師」になるための機材は揃ったけど、肝心のやり方が分からない・・・。
そんなお悩みをお持ちの新米「MIX師」もいらっしゃるのではないでしょうか?
当DTMスクールでは「MIX師」の養成コースも開講しています。
やり方が分からない方だけでなく、「MIX師」としてもっとうまくなりたい!
という方にもおすすめのコースです。

「MIX師」養成コースの体験レッスンも行っておりますので、お気軽にご相談くださいませ!
※「MIX師」養成コースはCubase Proのみに対応しています。