DTM初心者用おすすめ機材

DTM初心者用おすすめ機材

DTM(曲作り)をこれから始めたい初心者の方向けの、比較的お求めやすい機材の紹介です。
また、DAW(作曲ソフト)は買ってみたものの、他に何を揃えれば良いか分からない方も参考にしてみてください。
いくつか掲載していますので、予算に応じて選択してみてください。
※中級者以上の方は、個別にご相談いただければおすすめの機材をご紹介させていただきます!

■DAW
曲を作るために必要なソフトです。
ここでは曲作りの定番ソフトCubaseをご紹介いたします。

※各バージョンの比較はこちらから。
https://new.steinberg.net/ja/cubase/compare-editions/

※インストールする際のパソコンのスペックはこちらでご確認ください。
https://japan.steinberg.net/jp/support/system/cubase.html

Cubase Elements以上のバージョンでは「eLicenser」が必要になります。

■オーディオインターフェイス
パソコンへの録音や、作っている曲をよりキレイに再生させるために必要な機材です。

※いずれもCubase AIが付属しています。
Cubase AIからその他のバージョンにアップグレードすると
少しお安く購入することが出来ます!

■ヘッドフォン

■スピーカー
ヘッドフォンでの作業も大切ですが、やはり音を実際に鳴らして確認することは必要な作業です。
比較的購入しやすい価格帯のものを選択してみました。

■MIDIキーボード
実際にピアノが弾けなくても、鍵盤を持っているとサウンドの確認やフレーズの確認に重宝します。
機能で選択する方法もありますが、以下シンプルなものを選択してみました。
サイズで選ぶとよいと思います。

■オーディオケーブル
いわゆるパソコンに直に挿すピンジャックはオーディオインターフェイスには使用出来ません。
Phoneと呼ばれるものとRCAと呼ばれるものが多く使用されます。
以下コスパ重視で選択してみました。ご自身の環境に合わせて長さを選んでみてください。

■その他(DTM機材であったらよいもの)

・USB接続ができない場合、変換アダプタ(macの場合)
・USBハブ(オーディオインターフェイスは基本的にはパソコンに直挿しが推奨されるので、その他のアクセサリはハブで管理がおすすめ。)
・マウスはあった方がやりやすいです。

■DTM機材の選び方

上記におすすめする機材を紹介しましたが、これ以外にも機材はたくさんあります。
選ぶ基準としては「予算」「スペック」「やりたいこと(ジャンル)」などから判断すると良いでしょう。
自分で選ぶのが難しい方は、予算をお伝えいただければ最適なセットをご提案できると思いますので、お気軽にご相談ください!
また、機材を買ったはいいものの、セッティングの仕方が分からない、曲の作り方が分からない、と言う方は、当スクールでのレッスンをお勧めいたします!
体験レッスンもご用意しておりますので、お気軽にご相談くださいませ!