「歌ってみた」おすすめ機材

歌ってみた おすすめ機材



「 歌ってみた 」 おすすめ機材 の紹介

「 歌ってみた 」をこれから始めたい方向けの、比較的お求めやすい機材の紹介です。
いくつか掲載していますので、予算に応じて選択してみてください。

「 歌ってみた 」に必要な機材とは

「 歌ってみた 」を始めるには録音するためのソフト・パソコンに録音するための機材・マイク・ケーブルは最低限必要です。
さらに「 歌ってみた 」に限らず、歌うときは立って歌ったほうが声も良く出るのでマイクスタンドが必要です。
また、人間の声にはさまざまなノイズが入っています。
それらを録音するときに軽減するためにポップガードが必要になります。
そして基本的には音源を聞きながら録音することになります。
その際、パソコンやスピーカーから音が出ているとその音も一緒に録音されてしまいます。
それを防ぐためにもヘッドフォンはあった方がいいでしょう。




歌ってみた おすすめ機材
Three Oakではミックスの依頼も受け付けております。
ミックス依頼はコチラから!


「 歌ってみた 」初心者の おすすめ機材

歌ってみた おすすめ機材 ~オーディオインターフェイス~

パソコンへの録音や、作っている曲をよりキレイに再生させるために必要な機材です。
録音するためのソフトも簡易版が同梱されています。

STEINBERG / UR22C

歌ってみた おすすめ機材

UR22Cは32-bit/192 kHzの高解像度に加えて、レイテンシーフリーのDSPエフェクトや配信に不可欠なループバック機能を搭載。iOSデバイス対応やMIDI入出力など、機能面でも妥協のないハイパフォーマンス・オーディオインターフェイスです。

STEINBERG / UR12

歌ってみた おすすめ機材

PC/Mac/iPadで動作するコンパクトなオーディオインターフェイス。マイク入力とHi-Z入力を各1系統を備え、24bit/192kH、配信に便利なループバック機能を搭載。


歌ってみた おすすめ機材 ~ヘッドフォン~

定番のヘッドフォンをご紹介いたします。

SONY / MDR-CD900ST

歌ってみた おすすめ機材

SONY MDR-CD900STは、世界最先端技術を誇るソニーと、洗練・熟知された音創りの感性とノウハウを持つソニー・ミュージックエンタテインメントとの共同開発によって生み出された完全プロフェッショナル仕様のスタジオモニターヘッドホンです。


歌ってみた おすすめ機材 ~マイク~

マイクには大きく分けてダイナミックマイクとコンデンサーマイクがあります。
こちらは定番のダイナミックマイクです。

SHURE / SM58

歌ってみた おすすめ機材

SHURE SM58(SM58-LCE)は「ゴッパー」の愛称で親しまれ、世界中のミュージックシーンで圧倒的な支持を受けロングセラーを続けるマイクロフォンの傑作。あらゆる音源の魅力を引き出す歯切れの良いサウンド。

こちらは比較的安価で入門用的なコンデンサーマイクです。

audio technica / AT2020

歌ってみた おすすめ機材

入門用コンデンサーマイクとして絶大な人気を誇るAT2020。幅広い周波数特性と高耐入力設計により、ボーカルレコーディング、ポッドキャスト、動画配信等様々なシーンに対応します。

近年ではスマホ録音で「歌ってみた」をされている方も多くいます。
しかし、スマホのマイクでは音質がいいとは言えません。
ただ、パソコンを買うのは・・・、と言う方におすすめなのがiPhoneなどに接続できるマイクです。
スマホ録音でもぐっとサウンドが良くなりますので、おすすめします。

IK MULTIMEDIA / iRig Mic

歌ってみた おすすめ機材

iRig Micは、iPhone、iPod touch、iPadで使える、高品位なコンデンサー・マイクロフォン。

IK MULTIMEDIA / iRig Mic HD 2

歌ってみた おすすめ機材

iPhone、iPad、PC(Mac/Windows)で使用可能なハンドヘルドデジタルコンデンサーマイク。


歌ってみた おすすめ機材 ~マイクスタンド~

マイクを手で持って歌うとマイクと口との距離や角度が変わるため、正しく録音することが出来ません。
そのため、マイクスタンドの使用は必須です。
こちらは格安なマイクスタンドです。

CLASSIC PRO / MSB/BLACK

歌ってみた おすすめ機材

弾き語りや楽器のマイキングに最適のマイクスタンド。コストパフォーマンスは抜群です。


歌ってみた おすすめ機材 ~ポップガード~

マイクに直接歌うと、息によるノイズが多く入ってしまう場合があります。
それを軽減するのがポップガードです。
あるとないとでは録音に大きな差がでますので、可能な限り用意しましょう。
こちらは格安なポップガードです。

CLASSIC PRO / PG6

歌ってみた おすすめ機材

グースネックタイプのポップガードです。マイクスタンドにクランプで取付け、スクリーンは声の吹かれやポップノイズを防ぐのにも十分なサイズです。アームの角度は簡単に調節できるグースネックを採用、フレキシブルに対応できます。


歌ってみた おすすめ機材 ~リフレクションフィルター~

ご自宅で録音する場合、部屋の反響音まで録音されてしまいキレイにミックスが出来ない場合があります。
それを軽減してくれるのがリフレクションフィルターです。
こちらも用意することをおすすめします。

CLASSIC PRO / CAR800

歌ってみた おすすめ機材

パンチング加工を施したメタルプレート、内部には厚い吸音材を採用。ソースの分離を高め、本格的なレコーディング環境を実現します。


歌ってみた おすすめ機材 ~マイクケーブル~

マイクのケーブルは少しコネクターの形状が異なります。
こちらは格安なマイクケーブルですです。
必要な長さを選びましょう。

CLASSIC PRO / MIXシリーズ

歌ってみた おすすめ機材

サウンドハウスがプロデュースした最高のコストパフォーマンスを達成するためにデザインされたCLASSIC PRO マイクケーブル。




歌ってみた おすすめ機材
Three Oakではミックスの依頼も受け付けております。
ミックス依頼はコチラから!