「歌ってみた」おすすめ機材

「歌ってみた」おすすめ機材の紹介

「歌ってみた」をこれから始めたい方向けの、比較的お求めやすい機材の紹介です。
いくつか掲載していますので、予算に応じて選択してみてください。

「歌ってみた」に必要な機材とは

「歌ってみた」を始めるには録音するためのソフト・パソコンに録音するための機材・マイク・ケーブルは最低限必要です。
さらに「歌ってみた」に限らず、歌うときは立って歌ったほうが声も良く出るのでマイクスタンドが必要です。
また、人間の声にはさまざまなノイズが入っています。
それらを録音するときに軽減するためにポップガードが必要になります。
そして基本的には音源を聞きながら録音することになります。
その際、パソコンやスピーカーから音が出ているとその音も一緒に録音されてしまいます。
それを防ぐためにもヘッドフォンはあった方がいいでしょう。

「歌ってみた」初心者におすすめの機材セット

■機材セット
DAW(録音ソフト)+オーディオインターフェイス(マイクを繋いで録音するための機材)+マイクなどがセットになっているので「歌ってみた」を始めたい方におすすめです。

■1万円台機材セット
■2万円台機材セット
■3万円台機材セット
■ハイグレード機材セット

※Cubaseをインストールする際のパソコンのスペックはこちらでご確認ください。
https://japan.steinberg.net/jp/support/system/cubase.html

以下別途セットに無い場合の必要なものです。

Three Oak DTM Schoolがおすすめする「歌ってみた」機材の組み合わせ

■おすすめの組み合わせ