iZotopeのプラグインセット「RX 9 Standard + Trash 2」が68%off!

iZotope RX 9 Standard + Trash 2 68%オフのセール価格となっています。

以下、iZotope RX 9 Standard + Trash 2の特長やシステム要件をまとめていますので、
購入をご検討の方は参考にしてみてください。

 
iZotope RX 9 Standard + Trash 2

RX 9 Standard + Trash 2
Audio Restoration by iZotope
List Price¥76,107
Your Price (Inc TAX)¥24,298

iZotope RX 9 Standard + Trash 2
 

iZotope RX 9 Standard + Trash 2 | [-68%] ¥76,107 ⇒ ¥24,298



iZotope RX 9 Standard + Trash 2

RX 9 Standard

RX 9は、数え切れないほどのアルバム、映画、テレビ番組で使用され、損傷したノイズの多いオーディオを原音に忠実に復元する、オーディオのクリーンアップと復元のための完全なツールキットです。
ダイナミックDe-humでハムや干渉を即座に取り除き、Music Rebalanceでミックスのバランスを整えてステムを作成し、ARAをベースにした新しいSpectral Editorを使ってLogic®で直接不要な音をクリーンアップすることが可能です。
RX 9は、スタンドアロンのオーディオエディタ、またはお気に入りのDAWやNLEのプラグインを使用して、ダイアログや音楽のパフォーマンスを外科的に修正することができます。

音楽スタジオや小規模なポストプロダクションスタジオ、家庭環境に最適

RX Elementsに含まれるすべての機能が含まれています。

NEW! 新しいRestore Selection機能により、オーディオセレクションをHistoryリストの前のステップにロールバックし、任意の時点からオーディオ処理の最適な組み合わせを得ることができます。

NEW! 5ステップ以上のアンドゥ履歴を表示する必要がありますか?問題ありません。
拡張可能な履歴リストには、最大30ステップのアンドゥが表示され、素早く参照できるようになりました。

NEW! ARAプラグインエクステンションをベースにした新しいSpectral Editorを使って、Logic®で直接不要なサウンドをクリーンアップできます。
LogicとRXを切り替えることなく、ノイズを選択し、除去することができます。

ギターディノイズで、アンプのハム音、キーキー音、フレットノイズなどのギターに関する問題をすばやく除去できます。

Music Rebalanceでボーカルを分離して除去したり、ミックス要素のバランスを調整できます。

ラウドネスコントロールで、処理後のファイルを配信用に準備
バッチプロセッサで複数のファイルやフォルダをより効率的に処理
バリアブルタイムとバリアブルピッチで時間とピッチを個別に調整
スペクトラルリペアでノイズの問題を解決
De-bleedモジュールで楽器、クリックトラック、ボーカルのにじみを除去。

歯擦音、破裂音、ブレス、マウスクリックなど、ボーカルの問題を簡単に修正できます。

Composite Viewで複数のファイルを一度に修復できます。

28のモジュール、14のプラグイン、その他多数。

なぜRX9なのか?
ミックスの音楽的要素のバランスを調整、または分離する

ボーカルが小さすぎたり、ドラムが大きすぎたりしていませんか?あなたの曲のオリジナルステムが見つからない?Music Rebalanceを使えば、どんなミックスも "最終 "になることはありません。
機械学習で訓練されたアルゴリズムを使って、Music Rebalanceはボーカル、ベース、パーカッション、その他の楽器を賢く識別し、オーディオトラックの要素を個別に強化または分離することができるので、マルチトラックなしのリマスタリングが可能になります。
楽曲からボーカルを分離または除去したり、より問題のあるミックスでは、各音楽要素を別々のステムに分離して個別に処理することができます。

ギター録音をクリーンでリアルな演奏に磨き上げる

現代音楽で最も普及している楽器の1つであるギターは、クリーンで明瞭なトラックが高品質な音楽制作に欠かせません。
RX 9 Standardは、リミッターやコンプレッションの影響を受けてミックスに干渉してしまうギターの音をすばやく簡単に管理できるGuitar De-noiseを搭載しています。
アンプノイズやハムノイズ、フレットの鳴き声、ピックアタックなどを低減させ、ギター録音をクリアにします。

配信用オーディオレベルの最終調整

ストリーミングメディアやリモートポッドキャスティングの時代には、ラウドネスがこれまで以上に重要です。
そのためRX 9では、まったく新しいラウドネス・コントロール・モジュールを搭載しています。
ほぼすべての放送用ラウドネス規格に対応するプリセットターゲット、無音時間によるラウドネス測定値の歪みを防ぐラウドネスゲート、統合ラウドネス、短期ラウドネス、瞬間ラウドネスの数値とヒストグラム表示(その他)により、音楽、映画、テレビ、Podcastオーディオはクリアで分かりやすく、適切にラウドであることが確かなものになります。

Trash 2

Trash 2のマルチバンド、デュアルステージのディストーションと高度なポストフィルターにより、すぐにサウンドを変化させることができます。

ギターやベースだけでなく、ドラム、シンセ、パッド、ボーカル、ブラス、木管楽器など、どんなトラックでもトラッシュできます。

Trash 2は、クリエイティブで自由な音楽制作とサウンド・デザインのために、デュアル・ディストーション・モジュールと多数のマルチ・エフェクトを搭載しています。

各周波数帯域で2つのディストーション・アルゴリズムをチェインして、最大8種類の破壊のフレーバーが得られます。

Convolveモジュールで100以上のインパルス応答から選択し、DelayとDynamicsモジュールで新しいサウンドの次元を探求し、2つのFiltersでオーディオに動きを加え、それぞれ20以上の刺激的なフィルタータイプであなたのトーンを形成します。

マルチバンドTrashモジュール

Trashの心臓部はデュアルステージのマルチバンド・ウェーブシェイピング・ディストーションで、2つのディストーションをチェーンしてサウンドを操作することができます。

信号を複数のバンドに分割し、それぞれの周波数に独自の波形で独立してディストーションを適用できます。

新しい波形トレース機能を使えば、波形をどのように加工しているかをリアルタイムで確認でき、DCオフセットフィルタリングで波形の中心と軌道を維持することも可能です。

オーディオを破壊するパワーは、完全にあなたのコントロールの下にあります。

フィルター・モジュール

各ステージは、最大4つの独立した周波数帯域に対して60以上のゲインアルゴリズムを提供します...

ディストーションでは、トーンが全てです。

Trash 2では、新たに2つのフィルターモジュールが再設計され、歪ませたい周波数帯をドライブしたり、不要な周波数帯を抑制することができます。

フィルターシェイプと新しい母音フィルターでトーンをシェイプして、自分だけのサウンドを作りましょう。

コンボリューション

本格的な空間とオブジェクトのシミュレーション...

Trashは、非常にリアルなアンプ、デバイス、キャビネット、エフェクト、スピーカーのコンボリューションモデリングを搭載しており、あなたのオーディオを完全に別の空間(またはオブジェクト)に配置することができます。

クラシック、コンボ、ブティックモデル、スタックから選ぶことも、さまざまなソースからのクリエイティブな合成インパルスで遊ぶこともできます。

電話、時計型ラジオ、シートメタル、プレキシガラス管、ピアノキャビネット、ブリキ缶など、Trashがあなたを既成概念にとらわれない存在にしてくれるはずです。

もっと欲しい?そんなあなたに朗報です。

Convolveモジュールを使えば、自分のオーディオファイルを読み込んで、サウンドを好きな場所にテレポートさせることができます。

マルチバンドダイナミクスモジュール

コンプレッサーやゲートをフル装備し、最大4つの周波数帯域で使用可能...

歪みのコントロールは、単純なフィルタリングやリミッティングの域をはるかに超えています。

Trash 2にはマルチバンド・コンプレッサーとノイズ・ゲートが搭載されており、ピークを潰し、グリットやキャラクターを加え、ノイズを消し、サスティーンを引き出すことが可能です。

サイドチェーンのサポート、マルチバンド処理、圧縮アルゴリズムの更新により、ダイナミクス・モジュールはTrash 2の中で最もパワフルなツールの一つになることは間違いないでしょう。

ディレイ

6種類のディレイが、あなたのオーディオにさらなる音の可能性を提供します...

Trashのディレイモジュールで、テクスチャと空間の可能性をさらに広げましょう。

テープ、テープ/チューブ、アナログ、デジタル、ローファイ・デジタル・ディレイ・タイプ、入力フィルタリング、歪みと幅を追加する機能、パラレル・コントロールを備えたTrash 2のディレイ・モジュールは、最後の仕上げとして、あるいはあなたの音をこの世のものとは思えないほどのものにすることが可能です。

出力リミッター

不屈の最終レベルコントロール...

Trash 2の内蔵リミッターは、混沌をコントロールし、出力クリップを防止するのに役立ちます。

ドラマチックなディストーション効果を抑え、アナログのクリッピングによる音の劣化を防ぐために、不動の出力リミッターを搭載しています。

つまり、リミッターを使えば、スピーカーが吹っ飛ぶ心配をすることなく、安心して思う存分いじったり歪ませたりすることができるのです。

オプションメニューの複数の動作オプションにより、リミッターの音色や性能を調整・変更することができます。

関連記事 : その他のDTMセール・リリース情報ページ

iZotope RX 9 Standard + Trash 2 | 主な特徴



iZotope RX 9 Standard + Trash 2

RX 9 Standard

NEW - ダイナミック・デ・ハム [スタンダード+アドバンスドのみ]
RX 9の新しいダイナミックモードを使用すると、アーティファクトや音質に影響を与えることなく、ハム、ワイヤレスリング、干渉を即座に除去できます。
無線機やトランスミッターの干渉、カメラや発電機のハムなどを1回の操作で除去できます。

ギターディノイズ[スタンダード+アドバンスのみ]。

ギターディノイズは、ギター録音を数秒で最大限の透明度に仕上げることができます。
アンプノイズや干渉音、フレットや弦の鳴き声、ピックの音など、圧縮やリミッターの効果で意図せず強調されてしまうサウンドを管理できます。
直感的に操作できる感度やゲインリダクションのスライダーにより、ギター演奏の明瞭性と信頼性を高めることができます。

ミュージック・リバランス【スタンダード+アドバンスのみ
Music Rebalanceは、ミックス内のボーカル、ベース、パーカッション、その他の楽器をインテリジェントに識別し、各要素を独立してゲイン調整できるパワフルなツールです。

ドラムの音量が大きすぎる?ボーカルの音量が十分でない?他の楽器の存在感が強すぎたり、パーカッションのパンチが足りなかったりしませんか?Music Rebalanceを使えば、個々のトラックやステムにアクセスすることなく、ミックスを簡単に再生したり、ボーカル要素を取り除いて曲のインストゥルメンタル版を作成したり、ボーカルを分離してリミックスを準備することができます。
Music Rebalanceは、AudioSuiteプラグインとしても利用できます。

RXは、Music Rebalanceのミキシング機能に加えて、さらなる洗練のために独立したファイルを生成する自動ステムセパレーションを導入しているので、あなたが言うまで、ミックスは決して「最終」ではないのです。
 
ラウドネス・コントロール [スタンダード+アドバンスのみ]
ラウドネス・コントロール・モジュールにより、詳細なレベル測定とラウドネス管理が可能になり、最終的な納品に向けてレコーディングを準備することができます。
プリセットのラウドネス標準ターゲットを瞬時にロードして、プロダクションオーディオを放送要件に適合させ、内蔵の数値とヒストグラム表示で統合、短期、瞬間ラウドネスのレベルを監視します。
さらに、ディスプレイのサイズに合わせてモジュールのサイズを変更し、独自のワークフローに適合させることも可能です。

バッチプロセッサー【スタンダード+アドバンスのみ
新しく生まれ変わったバッチプロセッサーは、複数のオーディオファイルを一度に処理することができます。
処理前にオーディオファイルの適切なメタデータを確認し、バッチ処理のインターフェイスからアクセスできるようになったモジュールチェーンで一連の処理を適用します。
最後に、複数のファイル形式とビット深度でファイルをエクスポートして、最適な効率と整理を実現します。
これは、カスタムメイドのサンプルライブラリのために何百ものサンプルを精錬するのに最適な方法です。

32 オーディオタブの制限
ポストプロダクションでオーディオを編集する時間は貴重です。
RX 9では、より多くの作業にすばやく取り組めるように、RX Audio Editor内で最大32のファイルを表示、編集できるようになりました。

水平スクロール
iZotopeでは、直感的なスペクトログラムディスプレイに水平方向のスクロール機能を搭載しました。
トラックパッドやマウスのスクロールジェスチャーとカーソルを使って、オーディオをX軸方向にスクロールしたり、高速な編集が可能です。

リペアアシスタント
Repair Assistantは、iZotopeのアシストオーディオテクノロジーの最新の進歩を代表する、ノイズ、クリッピング、クリックなどを検出できる画期的なインテリジェントリペアツールです。
素材の種類(音楽、ダイアログ、その他)を選択し、RX 9 Standardにオーディオを分析させるだけで、よくあるオーディオの問題をこれまでよりも迅速に解決できます。
Repair Assistantは、最適な結果を得るためのさまざまな処理案を提示し、それぞれに3種類の強さ(ライト、ミディアム、アグレッシブ)を設定します。
さまざまな提案を検討し、試聴し、レンダーをクリックすると、あとはRepair Assistantにお任せください。

わずか3クリックで、よくある問題をすばやく修復できます。

ノイズの多い録音
口のクリック音やポップ音
音声が途切れたり、割れたりする
耳障りな低音域のハム音
デジタルオーディオの損傷
...などなど
デ・ハム [スタンダード+アドバンスドのみ]
ディハムのダイナミックモードは、アーティファクトや音質に影響を与えることなく、あらゆる量のハム、ワイヤレスリング、干渉を瞬時に除去することができます。
無線機や送信機の干渉、カメラや発電機のハム音などを1回の操作で除去します。
スタティック・モードでは、基本音とその上の16の高調波バンドを持つハム音をターゲットにすることができます。
ダイナミックモードでは、最大1024個のダイナミック可変ノッチフィルターにより、任意の量のハム音を学習し除去することができます。

バリアブルタイム【Standard+Advancedのみ
可変時間では、オーディオ選択部分のピッチを変えずに、タイムストレッチの量を調整することができます。
たとえば、バンドやオーケストラの演奏が時間とともに遅くなったり速くなったりするような場合に、そのテンポを変更することができます。
また、同期の関係で長くしたり短くしたりする必要がある場合にも、時間を変更することができます。
また、時間的な変化を与えることができるため、サウンドデザインとして台詞や音楽、効果音などを加速したり減速したりすることも可能です。
このモジュールは、スペクトログラム上で選択した部分を拡大表示する機能を備えており、調整中のオーディオをより明確に把握することができます。

バリアブルピッチ【スタンダード+アドバンスのみ
Variable Pitchは、音楽と非音楽のオーディオセレクションの時間と長さを維持したまま、ピッチを調整することができます。
ギターの弦を曲げたときのピッチを変えたり、モノラル楽器のサウンドを再形成したり、歌手のクリエイティブな効果や、サウンドデザインに利用することができます。
このモジュールは、スペクトログラム上で選択した部分を拡大して表示する機能を備えており、調整中のオーディオをよりよく把握することができます。

De-bleed [スタンダード+アドバンスドのみ]
iZotope RX の新しい De-bleed オーディオプラグインとモジュールは、ある信号が他の信号に漏れるのを低減します。
ヘッドフォン、クリックトラック、複数のマイクによる少量のクロスブリード、ドラムのブリードなどの問題を軽減または排除することができます。

De-ess [スタンダード+アドバンスドのみ]
iZotope RXのDe-essオーディオプラグインとモジュールは、歯擦音(S、F、X、SH、ソフトCに由来するきつい高周波音)を減衰または低減させます。
クラシックとスペクトラルです。
クラシックモードは、歯擦音を検出し、広帯域ゲインエンベロープで減衰させます。
スペクトルモードは、クラシックモードよりも透明性が高く、インテリジェントで、周波数に特化したモードです。
Spectralモードは、歯擦音の最も活発な高周波数のみを減衰させ、低周波数には手を付けずにおきます。

マウス・デクリック【スタンダード+アドバンスのみ
iZotope RXのDe-clickプラグインとモジュールは、リスニング体験を台無しにするクリック、ポップ、デジタルインパルスノイズを自動的に識別し、除去することができます。
低レイテンシーのDe-clickアルゴリズムにより、品質劣化、デジタルエラー、携帯電話の干渉などに悩むオーディオトランスファーやその他の録音を磨く際にDe-clickを使用してください。

スペクトルリペア【スタンダード+アドバンスのみ
iZotope RXのSpectral Repairは、波形ではわからないことを発見するための鍵です。
使い慣れた描画ツールを使って、問題のある周波数や不要なサウンドを特定し、選択します。
オーディオのギャップを即座に埋めることで、使用不可能な素材を救済します。
ユニークな視覚化機能と多彩な選択ツールを備えたSpectral Repairを使えば、オーディオをより身近に感じ、実践的なアプローチで修理や改良を行うことができます。

問題のある音を特定したら、モジュールまたはインスタントプロセスツールで利用できるスペクトルリペアアルゴリズムが、音色のハーモニクス、ビブラートなどの非線形なピッチ変化、バックグラウンドノイズの特性、過渡現象などを考慮しながら、オーディオを再合成することが可能です。
これらのツールにより、犬の鳴き声やブレスノイズ、弦鳴き、フレットノイズ、ミスノートなど、不要な干渉音の除去や減衰を行うことができます。
RXには、不要なノイズと必要な音声をより正確に分離するマルチレゾリューションモードが搭載されています。

ボイスディノイズ
iZotope RXのVoice De-noiseオーディオプラグインとモジュールで、問題のあるボーカルやプロダクションの録音をリアルタイムで復元します。
従来のダイアログ・デノイズに改良を加え、ゼロレイテンシーのボイス・デノイズは、ダイアログと歌声の処理に特化した最も強力なデノイズ処理です。
Voice De-noiseは、変化するノイズフロアにリアルタイムで適応するAdaptiveモードを備えており、ダイアログステムのセット&フォーゲットに理想的なデノイズ処理となります。

また、音楽用に最適化されたVoice De-noiseは、アパート録音におけるエアコンやストリートノイズなどの不要なバックグラウンドノイズを減衰させることに優れています。
 
デプラッシブ【スタンダード+アドバンスのみ
iZotope RXのDe-plosiveオーディオプラグインとモジュールで、素早くプローシブを除去します。
録音中に発生するポップ音やマイクバンプを除去することで、ダイアログの品質を向上させることができます。
インテリジェントな分析により、ダイアログやボーカル信号の望ましい倍音の間にあるプラズィブの存在を検出します。
単にEQで低域をロールオフする(精度に欠け、ダイアログの周波数にも影響する)よりも、はるかに効果的にプラズィブを低減します。

Spectral De-noise(スタンダード+アドバンスのみ]
iZotope RXのSpectral De-noiseプラグインとモジュールは、比類のない透明度とコントロールで自然なノイズ除去を提供します。
Spectral De-noiseは、最も厄介なオーディオの不完全性を考慮して構築されており、音楽、古い録音、ホームムービー、プロダクション録音など、あらゆるタイプの録音から不要なトーンと広帯域ノイズを除去します。

アーチファクトを最小限に抑える透明なノイズ抑制技術により、Spectral De-noiseモジュールは、オーディオの特徴を維持するよう慎重に設計されています。
RXは、変化するノイズプロファイルを分析し、オーディオの不完全な部分を自動的に修正するアダプティブモードを搭載しています。
高速で効率的なオーディオ修復に最適な選択肢です。

ディークリック
iZotope RXのDe-clickプラグインとモジュールは、リスニング体験を台無しにするクリック、ポップ、デジタルインパルスノイズを自動的に識別し、除去することができます。
低遅延のDe-clickアルゴリズムで、品質劣化、デジタルエラー、携帯電話の干渉などに悩むオーディオトランスファーやその他の録音を磨くときにDe-clickを使用してください。

ディークリップ
iZotope RXのDe-clipオーディオプラグインとモジュールは、デジタルとアナログのクリッピングアーチファクトを修復します。
オーディオのクリッピングは、A/Dコンバータが強く押されたり、磁気テープが過飽和状態になった場合に発生します。
De-clipは、ライブコンサート、インタビュー、再録音できないオーディオなど、シングルパスで行われた録音の歪みを軽減するのに非常に有効です。

コンポジットビュー
複数のマイクで拾った問題を、複数のファイルを一度に編集して修正します。

Trash 2

最大4つの周波数帯域に異なるディストーションタイプを適用。

各周波数帯域に2つのディストーション・アルゴリズムを連鎖させ、最大8種類の破壊のフレーバーを実現。

60種類以上のディストーションアルゴリズムから選択
新しいグラフィックベースのWaveshaperを使って、独自のディストーションをデザイン、編集可能
Filter 2で各ステージをフィルタリング
DC Offset FilterとLogarithmic Distortionモードで歪みにさらに磨きをかけましょう。

ディレイ、ダイナミクス、出力リミッター機能
20種類以上のスイーピング可能なフィルターで、クリーン、ジューシー、ハーシュなど、さまざまな音色を試すことができます。

新しいFilter 1とFilter 2モジュールで、2倍のフィルターアクションを実現。

ノードごとにLFOとエンベロープモジュレーションを追加して、ワウ、ワブ、トレモロなどのスイープエフェクトを作成できます。

新しいサイドチェインサポートで、あなたのFilter設定を他のオーディオにダイナミックに反応させることができます。

2つのFilterモジュールを並列に配置して、異なる組み合わせのフィルタ設定を同時に実現できます。

ディレイ、ダイナミクス、アウトプットリミッター機能
100以上のインパルスレスポンスがリニューアルされ、別の空間やオブジェクトのオーディオ特性をキャプチャできます。

.wavまたは.aiffファイルを使って、独自のインパルス応答をロードできます
ステレオイメージングコントロールでステレオの幅と配置を調整
再設計されたDynamicsモジュールで、アナログモデルやグリットによるコンプレッションとゲーティングを適用できます。

4バンドのマルチバンドに対応し、異なる周波数帯域に個別にダイナミクスを適用できます。

サイドチェインに対応し、外部ソースからCompressorやGateをトリガー可能(Multibandモードでは個々の周波数バンドにも対応)。

ダイナミクスメーターの表示は、視覚的なフィードバックで確認できます。

新しい検出フィルタを使ってダイナミクス処理のトリガーとなる周波数を正確に決定したり、フィルタのレゾナンスを利用してコンプレッションをよりクリエイティブに活用することも可能です。

ハード/ソフトニーコンプレッション、RMS/ピークレベル検出、オートゲイン補正など、ダイナミクスオプションの詳細も確認できます。

iZotope RX 9 Standard + Trash 2 | システム要件

・Mac
・MacOS Mojave (10.14.6) - macOS Big Sur (11.6)*.
・au、aax、vst2、vst3。プラグイン形式はすべて64bitのみです。

・PC
・Windows 10
・AAX、VST2、VST3。すべてのプラグインフォーマットは64ビットのみです。
・* Intel Mac または Apple Silicon Mac の Rosetta モードのみ。

・対応ホスト
・Logic Pro
・Pro Tools 2021
・Live 11
・Cubase 10.5-11
・Nuendo 11
・Studio One 5
・Reaper 6
・FL Studio 20
・Audition CC
・Premiere Pro CC

iZotope RX 9 Standard + Trash 2 | 購入はコチラ



iZotope RX 9 Standard + Trash 2

iZotope RX 9 Standard + Trash 2のセール期間は
2022/07/24(日)までとなっています。

詳細・購入は以下でご確認ください。

 
iZotope RX 9 Standard + Trash 2

RX 9 Standard + Trash 2
Audio Restoration by iZotope
List Price¥76,107
Your Price (Inc TAX)¥24,298

iZotope RX 9 Standard + Trash 2
 

 
iZotope RX 9 Standard + Trash 2

その他のセール製品も気になる方はこちらもチェック! iZotope RX 9 Standard + Trash 2
 




Three Oak DTM School(DTMスクール)では、
受講生を随時募集中です!
パソコンで音楽作成を始めてみたい!
と言う初心者の方から、
さらに知識を深めたい方まで、
元専門学校講師が
かゆいところに手が届くレッスンを行います!
今なら、入会金無料とレッスン料金
割引キャンペーン中ですので、
是非この機会に
当DTMスクールでの受講を検討してみてください!
レッスン内容などは
スクールのサイトで確認できます。
https://three-oak.com/dtm-school/
Three Oak DTM Schoolに
興味がある方、
質問がある方からの
メッセージをお待ちしております!